札幌女性のための合気道教室

札幌の女性のための合気道教室。札幌、西区、手稲区、中央区、銭函、小樽、石狩で合気道、護身術に興味のある女性、一緒に合気道やってみませんか?無料体験受付中!

札幌で合気道をやる前に知っておきたいマナー

現在は日本の文化というより、西洋文化的な考え方になり、また女性は特に、武道の経験がある人は少なく、札幌では合気道をやる人も少ないため、武道や合気道の基本的なこと、マナーを知らない人も多くいます。

 

 

札幌で合気道を習い始めると、最初は色々と覚えることがあり、大変だったりもしますが、予め基本的なマナーなどを覚えておくと、覚えることが少なくなり、合気道や周りの人との関係も、スムーズに行くため、

 

合気道を始めるにあたって、知っておきたいマナーをいくつか説明します。

 

 

 

礼など、礼儀作法について

 

合気道に限らず、日本の武道では、武道場に入る前、出る時に必ず礼をします。

 

元々は武道場には神棚があり、神道との関係があったからですが、最近では殆どの所で神棚は撤去され、名前も格技室に変えられていますが、合気道の場合、基本的に入る時、出る時は正座して礼をします。

 

 

また合気道では、一緒に稽古する相手と初めと終わりに、正座して礼をします。それと先生のお手本を見たりする時は、座って正座して見ます。

 

他には道場によって、先生をお見送りしたりすることもあります。

 

 

 

感謝の気持ちを持つ

 

武道や合気道を習うことは、フィットネスクラブの会員などになるのとは少し違い、先生や先輩に教えて貰ったり、仲間と助け合ったりして、お互い高め合い、楽しく続けて行くものです。

 

そのため生徒や会員になったからと言って、何をしていいものではなく、先生、先輩、仲間を尊重し、感謝する気持ちが、怪我無く、楽しく合気道を続けて行くことに繋がります。

 

 

 

月謝、会費は先に支払う

 

稽古が終わった後からでは、バタバタしていたり、渡しそびれたり、渡し忘れることがあるため、稽古の前に渡すようにします。お礼が遅れてはいけません。

 

また月謝袋を使う所では、月謝袋も大切に扱います。

 

 

 

貴金属類について

 

基本的に合気道の稽古をする時には、貴金属類は外します。

 

貴金属類を付けたままでは、引っかけて相手を怪我させてしまうかもしれないし、自分が受け身とした時に、痛めたり、落としたものを失くしたり、踏んずけて怪我する可能性もあります。

 

そのため指輪、ネックレス、ブレスレット、時計、ピアスなど、外せるものは外して下さい。

 

 

 

眼鏡について

 

技や受け身で、メガネが邪魔になることはありますが、メガネをしたまま稽古する人もいるし、技によって外したり、お手本を見る時は眼鏡をかけたりなど、その合気道の道場で、決まりごとが無ければ、自分のやりやすいようにすれば、いいかなと思います。

 

眼鏡を外すと、当然見えにくくなりますが、武道では全体的な見方をするため、はっきり見えなくても、何となく見えさえすれば問題ないです。

 

 

 

 

爪を切る

 

合気道では手首を持ったり、道着を掴んだりもするため、爪が長いと、相手に怪我をさせたり、爪が欠けてしまうこともあります。

 

 

 

お化粧について

 

合気道に限らず、武道全般でお化粧は余りしませんが、特に合気道では、普段のバッチリメイクだと、相手の真っ白な道着にお化粧がべっとり付き、洗っても落としにくくなります。

 

そのためお化粧は、相手に迷惑がかからないように、気を付けてください。強すぎる香水も控えた方がいいです。

 

 

 

荷物はコンパクトに

 

着換えた荷物は、格技室内に持ち込むことになると思いますが、その際、散らかした感じにならないよう、畳んでコンパクトに、邪魔にならない様に置きます。

 

 

 

着換えは素早く、時間を守る

 

着換えはパッと素早く着換えるのも、一つの稽古です。

 

少なくても、開始時間に遅れた場合は、出来るだけ早く着換えて、参加しなければならないし、終わりの時間を過ぎているのに、モタモタしていては、合気道の道場や施設の人に、迷惑がかかります。

 

稽古終わりに、仲間と楽しくおしゃべりしながら着換えることはいいのですが、時間を意識して、遅れないように気を付けて下さい。

 

 

 

道着は洗濯して綺麗に

 

会社でヨレヨレのワイシャツを着ないのと同じように、道着は毎回洗濯して畳み、綺麗にておきましょう。また余裕があれば、ズボンをアイロンがけしておくと、なおいいです。

 

 

 

出欠の連絡

 

固く考える必要はないのですが、武道や合気道は日本的なもので、フィットネスクラブのレッスンみたいに、ぶらっと行って、ぶらっと帰る感覚のものとは、少し違います。

 

そのため人数が多い道場や、先生とメールのやり取りなどを、特にしていないのであれば、出欠の連絡は特に不要であることが多いですが、少人数で教えて貰えている所や、先生と繋がりがある場合は、出欠は事前に連絡をした方がいいです。

 

 

 

特に今はコロナの関係で、体育館に人数を報告しなければならず、人数が多い札幌の合気道の道場でも、出欠の連絡が必要となっていると思いますが、

 

少人数で行っていて、仲間を大切にしている所程、理由が分からず、無断で休んだりしたとなると、先生にしても他の生徒にしても、どうしたんだろう、と少し心配になったりもします。

 

 

またその日の参加者に合わせて、事前に稽古内容を決める先生もいれば、参加者が分かれば、時間まで待たず、早目に合気道の稽古を始めることが出来たり、

 

お願いしますという気持ちを持ったり、場所や時間の変更がある場合の連絡ミスや、曜日などを勘違いして、稽古に行き忘れる、場所や時間を間違えるなどの予防も出来ます。

 

 

それともう一つ、札幌で合気道を習い始めの初心者で、特に重要なことは、誰にも相談せず、一人で抱え込むタイプの人だと、連絡を取ったり、繋がりを持たないと、いつしか幽霊部員のようになり、辞めていくことがあります。

 

そのためマナーというだけでなく、札幌で合気道を楽しく長く続けるためにも、出欠を事前に連絡し、繋がりや連絡、確認、報告をする習慣を持つことも大切です。

札幌合気道の手稲区体育館と西区体育館の利用方法

現在札幌で、スポーツや武道経験が全くない人でも出来る、初心者の女性向けの合気道を、主に手稲区体育館と、手稲コミュニティーセンター西区体育館で行っています。

 

今コロナの関係で、体育館の利用方法が少し変わっているため、合気道で利用する際の手稲区体育館と西区体育館の使用方法について説明します。

 

 

まずマスクをして入館し、入り口の自販機で利用券を購入して、窓口に合気道と言って出して下さい。

 

その際、入り口に検温機があるので、手のひらをかざして体温を測ります。

 

 

格技室は、手稲区体育館、西区体育館とも2階にありますが、現在団体ごとに格技室を区切って使うことになっており、番号が割り振られているため、その場所の確認(もしくは利用場所を指定)します。

 

また人数を聞かれるため、入会された方で、合気道の稽古に参加する場合、欠席する場合は、事前にご連絡ください。

 

5名以上の場合は、2か所使うことになります。

 

 

手稲区体育館では、入り口に置いてある、利用申込書に記入する必要があり、窓口で利用券と一緒に出してください。

 

西区体育館では、入り口で靴を脱ぎ、その正面にあるテーブルに利用申込書があり、ポストに入れることになっています。

 

 

f:id:sapporoaikido:20210222103902p:plain

 

外靴は手稲区体育館は、下駄箱がありますが、西区体育館は下駄箱がないので、ビニール袋(持参)に入れ、格技室に持って来て下さい。

 

手稲区体育館、西区体育館とも、格技室の入り口に靴を置けるようになっています。もしくは荷物と一緒に、持って来てもいいです。

 

 

格技室で合気道を稽古する時は、特に他の団体が使っている場合は、線(枠)からはみ出ないように気を付けて下さい。

 

 

更衣室は、手稲区体育館は入り口から真っすぐ進んだ奥、西区体育館は窓口の裏側にあります。

 

シャワーも使えるので、ご利用される方は、タオルや着替えなどを持って来られるといいです。

 

 

 

【まとめ】

 

・入館時マスクの着用

利用申込書に記入

利用券を自販機で購入(大人390円、中学生無料、高校生230円)

検温

・格技室の利用人数、場所の確認 or 指定

・外靴をビニール袋(持参、靴は2階)

・更衣室は一階(シャワーあり)

・格技室2階(手稲区体育館は奥、西区体育館は階段上って左)

楽しい合気道の稽古!

札幌女性のための合気道教室のご案内

札幌では初心者向け、女性向けの合気道は殆どないため、合気道や武道経験がない女性向けに、初心者の女性でも出来る、優しく楽しいゼロからの合気道教室を、少人数で行っています。

 

 

合気道の経験者ばかりとか、大人数とか、女性が少なく、男性ばかりでは、初心者の女性には、通いにくく、少し敷居が高かったり、続けにくいですが、

 

札幌で初心者の女性向けに、ゆっくり、優しく、楽しく行っているため、経験がない方、体力や運動に自信のない方でも、安心して始められます。

 

 

そのため初心者の女性にも安心の合気道教室です。

 

 

また札幌の合気道では中々体験出来ない、力を使わずに倒す不思議な合気を体験出来たり、心と体の専門家が、他では聞けない心と体の面白い話、体の使い方を指導しています。

 

心と体に興味があって、気づくことが好きな人には、とても楽しい合気道教室です。

 

興味のある方は、無料体験も行っているので、ぜひ一度参加してみて下さい。

 

 

札幌女性のための合気道教室お問い合わせ

 

 

【対象者】

中学生以上の女性

 

 

【お勧めの人】

合気道、護身術、古武術、体を動かすこと、体の使い方、体の不思議、健康、自然食、日本の文化、東洋思想、東洋医学、心、潜在意識、氣、直感、閃き、スピリチュアルに興味がある女性。

 

気づくこと、学ぶこと、成長すること、未知の世界、奥の深い話、基本、中身、内面、真理、真実が好きな女性。

 

整体、エステなどセラピスト、ヨガ、ピラティス、フィットネスなどのインストラクター、看護師、介護士など体に関する職業の女性。

 

教師、経営者、カウンセラーなど、人に何か教えたり人と関わる職業の女性。

 

事務職など運動不足の女性。

 

体のことなど、何か悩みやストレスがある女性。

 

 

【余りお勧めでない人】

心と体に興味が余りない人。体の使い方に興味がない人。

 

 

【主な稽古日・稽古場所】

・月曜日10:30~12:30

手稲区体育館

 

・火曜日(18:00)19:00~20:40

西区体育館

 

・土曜日(13:30)15:30~16:45

手稲コミュニティセンター

 

※日曜日、祝日、違う時間、曜日、場所で行うこともあります。詳しいことはお問い合わせください。

 

※早く来たい方は火曜日18時、土曜日13時半から出来ます。途中からの参加も大丈夫です。

 

※現在は、上達して貰いたいと思っているため、場所や曜日でコースの様に分けているのではなく、どの曜日、場所でも、何回でもご参加頂けます。

 

 

【服装】

合気道着。体験をご希望の方は、動きやすい服装。

 

 

【持ち物】

水分。外靴を入れるビニール袋(体育館での場合)。

 

※体育館でシャワーを浴びる方は、タオルや着替えがあるといいです。

 

 

【料金】

入会金、年会費今なら無料

月3千円+会場費(体育館の場合は390円です)

 

 

【主な参加者】

40代の女性を中心に、数人で稽古しています。

また皆さん気の優しい、親切な方たちです。

 

 

【指導者】

川畠美幸(かわはたよしゆき)1980年生まれ。

スポーツトレーナー。整体師。心と体の専門家。

合気道を優しく分かりやすく指導します。

 

 お申込み・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

敷居が高く思われがちな合気道を、出来るだけ敷居を低くし、また合気道を身近に感じ、気軽に来て貰えるように、現在、入会金、年会費などは頂いていません。

 

そのため、まずは一回だけ無料体験して頂いても構いませんし、一か月だけ試しにやってみるなど、気軽にご参加頂けるようにしているので、 お気軽にお問い合わせください。

 

お申込み・お問い合わせはこちら

札幌で女性向けの合気道を西区で始めました!

札幌で女性向けの合気道を、主に手稲区体育館や、手稲コミュニティーセンターなど、手稲で行っていて、また火曜日の午前中と、土曜日の午後に合気道をやっていましたが、

 

月曜日の午前中に手稲区体育館と、火曜日の夜に西区体育館でも、合気道をやることにし、西区の人や中央区、北区、東区、白石区の人など、仕事帰りでも通いやすいようにしました。

 

 

変更前

 

・火曜日 10:30~12:30 手稲区体育館

・土曜日 13:30~15:30 手稲コミュニティーセンター(手稲区体育館)

 

 

変更後

 

・月曜日 10:30~12:30 手稲区体育館 新!

・火曜日 (18:00)19:00~20:30 西区体育館 夜に変更!西区で!

・土曜日 (13:30)15:30~16:45 手稲コミュニティーセンター 時間変更

 

 

早く来たい方は、火曜日は18時、土曜日13時半から稽古できます。途中からの参加も大丈夫です。

 

その他に、祝日も行ったりしているので、札幌で女性向けの合気道に興味を持った方は、お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせ

札幌で合気道を中央区でお探しの方へ

札幌では仕事の関係もあって、中央区合気道を探している方も多いですが、もし家や職場から近ければ、合気道も通いやすく便利なので、一番いいですね。

 

ただ札幌市中央区合気道が、自分に合っている合気道かどうかは、また別な問題になります。

 

 

 

たとえば自分が通いたいと思った高校や大学、また就職したい会社が、実家のすぐ近くにあるかというと、それはむしろ少なく、

 

少し時間はかかるけど、自分が好きな所に行くために、バスや電車などを使って通ったり、もしくは引越しをして、一人暮らしを始める人が多いと思います。

 

 

それと同じように、合気道でも、家や職場から一番近い札幌の合気道が、一番自分に合っていることは、むしろ少ない方が多いです。

 

特に合気道の道場は、高校や大学、会社よりも、数が圧倒的に少ないため、自分の家や職場から近い合気道が、自分に合った合気道である確率は、奇跡の様な確率です。

 

 

 

もちろん家や職場から一番近い合気道が、たまたま自分に合っていたり、自分の理想的な合気道ではなくても、それなりに満足できることもあると思います。

 

それでも家や職場が近いからという理由で、札幌の中央区合気道をやろうというのは、家から一番近いからその高校や大学、会社に決める感覚と、同じような感覚であるため、合わないことが多くなるのです。

 

 

そうすると、折角興味を持って始めた合気道を、辞めてしまう人も少なからずいて、また殆どの人は、他に自分に合う合気道を探すこともなく、合気道そのものをやめてしまうことになります。

 

 

それであるなら、近いという理由で合気道を決めるよりは、少し手間がかかるかもしれませんが、札幌で自分に合う合気道を探してみたり、

 

通うのに多少、電車やバスを使う必要があったり、少し時間がかかったとしても、自分に合う合気道、楽しい合気道、気づき学びがある合気道を、探した方がいいかなとも思います。

 

 

 

 札幌で折角興味を持った合気道を続けて行くために、合気道選びを近い所だけに限定せず、柔軟に少し視野を広げて、是非あなたに合う合気道を見つけてみて下さい。

 

 

札幌の合気道は、初心者向けの道場が殆どなく、特に初めての女性が続けにくい環境であることから、合気道が初めての女性でも、楽しく続けられるように、初心者の女性向けの合気道をやっています。

 

中には、毎週5時間かけて函館から来たり、南区の真駒内や藤野、また西区の西野からバスを乗り継ぎ1時間かけて、来てくれている女性もいますので、興味持った方は一度体験に来てみて下さい。

 

 

そこで「面白い!」「やってみたい!」と感じたのでしたら、一緒に合気道をやりましょう。

 

お問い合わせ

札幌で合気道を始めた女性が辞める原因は?

札幌で合気度に興味を持って、合気道を始めたけど、残念ながら直ぐに辞めてしまうケースも、少なからずあります。

 

 

その原因の一つは、武道経験者が、自分の武道のレベルを上げるために、合気道をやってみたけど、参考にならないと思って、辞めてしまうケース。

 

また武道経験はそれ程なくても、合気道の内容や説明に納得が行かなかったり、実践に使えない、役に立たない、面白くないと辞めてしまうケース。

 

他にも仕事などの関係から忙しくなり、足が遠のく内に通わなくなった、ということもあります。

 

 

しかし特に女性でもっとも多い原因は、合気道が実践に役に立つかどうかなど、合気道の内容的なことではなく、合気道をやっている道場の人たちと、馴染めなかったことにあります。

 

 

 

女性が合気道に興味を持った理由としては、護身術に役に立ちそうとか、力を使わないで出来るとか、かっこいいとか、メンタル的に役立ちそうとか、色々ですが、

 

潜在的に思っていること、一番期待していることは、「合気道ってなんだか楽しそう」、「合気道に自分が楽しめる何かがある」といったことです。

 

 

そのため女性は、合気道そのものに対する拘りは殆どなく、合気道に似た武道の大東流合気柔術だったり、実践、護身術、実生活、また道場以外では役に立たない、合気道など、仮に初めの動機に合っていなかったとしても、分からないこともあって、余り気になりません。

 

それよりも、札幌で合気道を始める多くの女性にとって、一番重要なことは、楽しいかどうかで、それがなければ、意識した動機が満たされるものであっても、続けることはまず出来ないのです。

 

 

また楽しいかどうかは、合気道そのものよりも、合気道の先生や、合気道をやっている人たちと、一緒に楽しくやれるかどうか、馴染めるかどうかで決まります。

 

もしその合気道の道場や、来ている人たちと、上手く馴染めないようであれば、話し相手もいなく、孤独感から面白さを感じず、余程強いモチベーションが無い限り、続けていくことは、殆どの女性には難しでしょう。

 

 

しかし実際には、初心者が多かったり、誰か一緒に入ったりする人がいればいいのですが、札幌の合気道では、初心者向けの合気道が殆どないため、経験者ばかりの所に、自分一人で入って行かなければなりません。

 

また既に経験者同士でグループが出来ていたり、女性が少なく、おじさんばかりの中に、新しく自分が入って、馴染むというのは、人見知りする女性には特に、少し大変な所もあり、折角合気道を始めたけれど、辞めてしまう女性も少なからずいるのです。

 

 

 

そうしたことがあるため、札幌で女性でも楽しく合気道が出来て、続けられるように、初心者の女性向けの合気道教室を作りました。

 

初心者向けであるため始めやすく、また女性だけなので、気軽に楽しく話せ、直ぐに仲良くなることが出来ます。

 

また稽古終わった後に、ご飯を食べに行ったりして、馴染んで貰えるようにしています。

 

 

札幌の合気道で、これだけ初心者の女性に、合気道をやりやすくしている所は、無いと思うので、もし合気道に興味持った女性がいましたら、気軽にお問い合わせください。

 

 

お問い合わせ

札幌市手稲区のお勧め合気道

札幌市手稲区で住んでいる女性で、合気道に興味のある方はいませんか?

 

主に札幌市の手稲区と西区で、初心者の女性向けの合気道教室を行っています。

 

初心者の女性向けの合気道なので、武道や合気道経験が全く無くても、体力に自信の無い方でも、楽しく安全に合気道を始められるので、一緒に合気道をやってみませんか?

 

 

今まで合気道に興味があっても、敷居が高いように感じて、中々始めにくいなと思うこともあったと思います。

 

実際にせっかく合気道の見学や体験に行っても、力のある男の人ばかりでは、その中に女性が一人入って行くのは、少し大変です。

 

 

女性が始めやすい合気道が、札幌市には中々ないため、札幌市の手稲区で、女性が始めやすい、女性だけの合気道教室を始めました。

 

まだ始めたばかりのため、初心者の人には、非常に始めやすく、また直ぐに皆と仲良くなれ、楽しく体を動かせます。

 

 

それと入門する際には、合気道道場によって、月謝だけでなく年会費、入会費、保険料、道着、剣、杖などが必要だったりもしますが、なるべく敷居を低くし、来てもらいやすいように、月謝3千円だけで行っています。

 

道着の購入も、続けてみたいと思ってからでもいいので、試しに1か月だけ、合気道をやってみることも可能です。

 

その他に、無料体験も出来るので、合気道に興味を持ったのなら、まず一度来てみて下さい。

 

きっと楽しいですよ。

 

お問い合わせ