札幌女性のための合気道教室

札幌の女性のための合気道教室。札幌、西区、手稲区、中央区、銭函、小樽、石狩で合気道、護身術に興味のある女性、一緒に合気道やってみませんか?無料体験受付中!

札幌合気道の手稲区体育館と西区体育館の利用方法

現在札幌で、スポーツや武道経験が全くない人でも出来る、初心者の女性向けの合気道を、主に手稲区体育館と、手稲コミュニティーセンター西区体育館で行っています。

 

今コロナの関係で、体育館の利用方法が少し変わっているため、合気道で利用する際の手稲区体育館と西区体育館の使用方法について説明します。

 

 

まずマスクをして入館し、入り口の自販機で利用券を購入して、窓口に合気道と言って出して下さい。

 

その際、入り口に検温機があるので、手のひらをかざして体温を測ります。

 

 

格技室は、手稲区体育館、西区体育館とも2階にありますが、現在団体ごとに格技室を区切って使うことになっており、番号が割り振られているため、その場所の確認(もしくは利用場所を指定)します。

 

また人数を聞かれるため、入会された方で、合気道の稽古に参加する場合、欠席する場合は、事前にご連絡ください。

 

5名以上の場合は、2か所使うことになります。

 

 

手稲区体育館では、入り口に置いてある、利用申込書に記入する必要があり、窓口で利用券と一緒に出してください。

 

西区体育館では、入り口で靴を脱ぎ、その正面にあるテーブルに利用申込書があり、ポストに入れることになっています。

 

 

f:id:sapporoaikido:20210222103902p:plain

 

外靴は手稲区体育館は、下駄箱がありますが、西区体育館は下駄箱がないので、ビニール袋(持参)に入れ、格技室に持って来て下さい。

 

手稲区体育館、西区体育館とも、格技室の入り口に靴を置けるようになっています。もしくは荷物と一緒に、持って来てもいいです。

 

 

格技室で合気道を稽古する時は、特に他の団体が使っている場合は、線(枠)からはみ出ないように気を付けて下さい。

 

 

更衣室は、手稲区体育館は入り口から真っすぐ進んだ奥、西区体育館は窓口の裏側にあります。

 

シャワーも使えるので、ご利用される方は、タオルや着替えなどを持って来られるといいです。

 

 

 

【まとめ】

 

・入館時マスクの着用

利用申込書に記入

利用券を自販機で購入(大人390円、中学生無料、高校生230円)

検温

・格技室の利用人数、場所の確認 or 指定

・外靴をビニール袋(持参、靴は2階)

・更衣室は一階(シャワーあり)

・格技室2階(手稲区体育館は奥、西区体育館は階段上って左)

楽しい合気道の稽古!